キッズテニスイベント

仁木・吉備選手ペア勝利、清水悠太選手惜しくも敗退 ノアチャレンジャー

投稿日:

ノアチャレンジャー本戦3日目

11日のセンターコート第1試合に仁木選手、吉備選手ペアのダブルスがおこなわれました。

対戦相手は望月選手、野口選手ペア。

1stセットは仁木選手、吉備選手の素晴らしいプレーがあり6-2で先取。

このまま良い流れで勝つのかと思いましたが、2ndセットは相手選手達が奮闘し2-6で取られる展開となりました。

ダブルスはファイナルセットだけスーパータイブレークといい、タイブレークで10ポイント取ったほうが勝ちとなるのですが、相手選手の2ndセットの良い流れなのかタイブレーク終盤までずっとリードされる展開に...

しかし、最後には仁木選手、吉備選手も流れを取り戻しファイナル11-9(9-9以降はデュースと同じで2ポイント差がついたら勝ち)で勝利しました。

(マッチポイントを取った時の仁木選手)

そして清水悠太選手がセンターコートでの第4試合に登場しました。

対戦相手は今年の三菱全日本テニス選手権でのチャンピオン伊藤竜馬選手。

試合前は「普通にプレーするだけでは勝つことが難しいと思うので、いろいろ試していきたいと思います。」と言って試合に入りました。

そんな清水選手の1stセットは5-2でリード。

しかし、伊藤選手も徐々に調子を上げ6-7で逆転。

2ndセットもなんとか流れを取り戻そうとプレーしていましたが、1-6と敗退しました。


学校終わりの時間帯でもあって、ラボキッズジュニアのたくさんの生徒達が応援に来てくれました。

敗戦したのにも関わらず、子供たちのサインの要望に応える姿は素敵な選手だな...と感じました。

ありがとうございました。

試合終了後も悔しさをにじましながら1時間練習していました。

 

記事を書いている本日木曜日はFコート第2試合に清水、羽澤ペア。

Gコートで13時30分より仁木、吉備ペアの試合が予定されています。

 

応援よろしくお願い致します。

 

ラボキッズジュニア

中畑善寛

 

 

 

-キッズテニスイベント

Copyright© ラボキッズジュニア  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.