試合情報

兵庫・沖縄ジュニアテニス交流試合「島田叡杯」

更新日:

兵庫・沖縄ジュニアテニス交流試合「島田叡杯」

小山ほのり選手参加

2005年より沖縄県テニス協会と兵庫県テニス協会とが両県の中高ジュニア代表選手による合同練習・交流試合を沖縄県でおこなっています。

今年は小山ほのり選手を代表として選んでいただき、5日間にわたる沖縄遠征に参加しました。

小山ほのり選手にレポートをもらいました。

1月4日

「沖縄遠征選手に選ばれて」「この沖縄遠征で得たいもの」
私はこの遠征に選んでいただいて、とてもありがたかったです。私はこの遠征での試合が団体戦ということもあり、プレッシャーの中でもしっかりと自分のプレーができるメンタルを得ていきたいと思いました。「このチャンスを絶対に生かすぞ」という思いを持ち5日間頑張ります。

「1月4日の感想・反省」
私は初めての沖縄に来ましたが、兵庫県と沖縄の温度差に身体が耐え切れずに少し体調を崩してしまいました。その原因の一つが「水分補給」ではないのか、と思いました。温度差があり、兵庫県にいるときより汗をかいていましたが、水分補給をあまりとらなかったためしんどくなってしまったのでは…と思っています。
環境に適応する大切さを学びました。今日はしっかり睡眠をとり、明日も頑張ります。

1月5日

「今日の抱負」
全勝します。自分の試合が終わってもチームの皆を応援し続ける。

「1月5日の感想・反省」
良かったところは「どんな球でも相手のコートに返す」という思いで試合ができました。年上、実力関係なく最後まで諦めずに試合を頑張りました。ボレーやドロップ、タイミングやボールのスピードを変えるなどを強い選手がしていることに気づき、相手のプレーを分析しながら試合をすることができました。最後の試合ではそれが上手くいき、相手を操っている感覚を得ることができました。
また「しっかりご飯を食べましょう」と何度かアドバイスをいただきました。
成長を実感できた1日となりました。

1月6日

「今日の抱負」
相手が何歳であろうとも勝つ気でプレーする。
1球1球を大切にあきらめない

「1月6日の感想・反省」
今日はチームの優勝に貢献でき、また応援もしっかりとできました。勝つことはできましたが、大切なところでダブルフォルトし集中力が切れてしまった場面もありました。周りの選手を観察して皆のテクニックや戦術を真似して、自分もできるように練習していきたいと思いました。
最後の試合ではもっと勝っていくにはコントロールと体力が必要だと思いました。

1月7日


「今日の抱負」
試合が長くなっても重心を下げてプレーし続ける。
自分のプレーに集中する。

「1月7日の感想・反省」
今日は「いちゃりばちょーでー杯」がありました。(ちなみに「いちゃりばちょーでー」とは沖縄の言葉で「一度会えば兄弟」という素敵な意味だそうです。)とても相手選手が上手く、特に自分のパワーがたりないことに痛感しました。もっとご飯を食べる必要がありますね…
最後まで集中でき、抜かないでプレーできました。
今日で遠征でのテニスは最後となりましたが、抱負でも言っていたメンタル面での成長はできたと思っています。
たくさんアドバイスをもらい感謝しています。ありがとうございました。

 

小山ほのり選手レポートありがとうございました。

帰ってきたときの表情からもわかるくらいとても充実した遠征となったようです!

兵庫県テニス協会の皆様、沖縄県テニス協会の皆様、選手の皆様本当にありがとうございました。

ラボキッズジュニア

中畑善寛

-試合情報

Copyright© ラボキッズジュニア  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.